新品の革靴を履く前のお手入れに!プレメンテナンスの方法を解説

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

新品の革靴買ったけど何かお手入れしてから履いた方がいいのかな?やり方を教えて。

こんにちは!ヒロSSK(SSK_hirohiro)です。そんな疑問にお答えします。

結論からいうと、革靴を買ったときに大変だけどお手入れを行えば、その後の革靴の持ち具合が変わってくるのでおすすめです。

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

いつもすぐダメになってしまうんだよね。

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

こんな人こそ靴が新品のときからお手入れしてみましょ。

この記事では新品の革靴のお手入れ(プレメンテナンス)について、わかりやすく解説します。

記事を読み終えれば、お手入れ方法がわかって「革靴の寿命」がかなり延びる可能性が高いので、最後までご覧になってみてください。

それではいきましょ。

新品の革靴を手入れする理由

  1. 革に潤いと栄養を与えるため
  2. 足に馴染ませやすくするため

上記が新品の革靴を履き下ろすときに手入れをした方がいい理由です。詳細は下記で解説。

革に潤いと栄養を与えるため

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

新品だからしなくてもいいんじゃないの?

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

意外と乾燥しているからそのままは危険だよ。

革靴は製造されてから購入に至るまでとても時間が経っていることが多くて、意外と革が乾燥してしまっています。

中には海外製の革靴だってあるので、海外でつくられた靴が店頭に並べられて、購入するまでの時間を考えたらなんとなく想像つきますよね。

乾燥した状態のまま履いてしまうと「ひび割れ」や「劣化」の原因となりますので、新品だからといってなにもしないで履いてしまうのはNGです。

足に馴染ませやすくするため

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

革靴で足が痛いよ~。

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

新品の革靴はとても硬くて靴擦れ必至ですw

もうひとつの理由は「足に馴染ませやすくするため」です。革靴をなにもしないで履くと、とても痛くて靴擦れを起こします。

靴擦れは起きるもの!足に馴染むまでが勝負だ!みたいなところもあるけど、ただ我慢するのはつらいですよね。

そこで革靴にクリームを塗ることで、革が柔らかくなり足へのダメージも緩和されていきます。馴染みやすさも上がるので、間違いなくお手入れをした方がいいですよ。

新品の革靴を手入れする手順

  1. 靴の内側にデリケートクリーム
  2. 靴紐を外してシューツリーを入れる
  3. 馬毛ブラシでブラッシング
  4. クリーナーで古いクリームを落とす
  5. 外側にデリケートクリームを塗る
  6. 靴クリームを塗る
  7. 豚毛ブラシでクリームを馴染ませる

新品の革靴の「プレメンテナンス」はこんな感じでやっていきます。順に解説。

1.靴の内側にデリケートクリーム

まずは靴の内側に「デリケートクリーム」と呼ばれる水分を多く含んだクリームを塗っていきましょう。なぜなら内側も革でできているからです。

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

内側が革ではない靴はもちろん塗らなくても大丈夫。

内側の革もクリームを塗ることで潤いが与えられて、革も柔らかくなります。特に靴擦れが起きやすい「かかと」や「くるぶし」の部分などに塗るとより効果的ですよ。

2.靴紐を外してシューツリーを入れる

2.シューツリーを入れる

続いては靴紐を外して、「シューツリー」を入れましょう。

シューツリーは革の「シワ」を伸ばし、「型崩れ」を防止してくれるので、できれば革靴とセットで手に入れたい道具のひとつです。

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

木製の方がいいの?

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

防虫、防湿効果があるからおすすめ。

プレメンテナンスに限らず、履いていないときは必ず入れておきましょう。

3.馬毛ブラシで軽くホコリを落とす

馬毛ブラシ

続いては、「馬毛ブラシ」と呼ばれるブラシを使ってブラッシングしていきましょう。

新品の革靴とはいえ、店頭に置かれている期間も長いと「ホコリ」がたまっていますので、しっかりと掻き出してあげるのが大事です。

特に「タンの部分」や「ソールとの間」、「縫い目の部分」に注意してやっていきます。

4.クリーナーで古いクリームを落とす

新品で販売されている革靴にもクリームが塗られているので、「クリーナー」を使って落としてあげましょう。

クリームを落とすのはすでに劣化してしまっていて、逆に負担を与えている可能性もあるからです。

とはいえ新品なので、汚れはありませんからゴシゴシと強くこする必要はありません。優しくなでるような感覚で十分です。

5.外側にデリケートクリームを塗る

続いて先ほど内側に塗った「デリケートクリーム」を外側にも塗っていきます。

内側の革と同様に塗ってあげることで、乾燥しきっていた革が潤いを取り戻します。しなやかになった革でより足になじみやすくなりますよ。

6.靴クリームを塗る

続いては「靴クリーム」を塗ってツヤを出していきましょう。

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

またクリーム塗るの?

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

先ほどと成分が違うクリームだよ。

「デリケートクリーム」と違って、含まれている油分やロウ分が多いので、よりツヤを出すために使うクリームです。

靴クリームには「乳化性クリーム」や「油性クリーム」など種類が多すぎて、少しわかりにくいかもしれません。

どれにしていいか迷ったらサフィールノワールの「クレム1925」がおすすめです。

7.豚毛ブラシでクリームを全体に馴染ませる

最後は「豚毛ブラシ」と呼ばれるブラシで、塗ったクリームを革全体へ浸透させていきましょう。

革に押し込むような感覚で「ブラッシング」すると、より馴染んでいきます。そんなに力を入れなくても大丈夫です。

この後、全体を布で「乾拭き」してあげればプレメンテナンスは終了となります。さあ新しい靴で出かける準備はととのいましたよ。

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

お疲れさまでした!

新品の革靴のプレメンテナンスまとめ

新品の革靴のプレメンテナンスまとめ

これまで新品の革靴のお手入れ(プレメンテナンス)についてお伝えしてきました。

新しい革靴を手に入れたときはやっぱり気持ちも上がっていきますよね。その勢いで出かけてしまわないよう大切な革靴を長持ちさせるため、しっかりと手入れをしていきましょ。

革靴は本気出せば10年以上履けますから、最初の第一歩が肝心ですよ。

今回は以上です。

あわせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!