【裏技あり】仕事を即日辞める方法を2度経験した僕が伝授【体験談】

仕事辞めたいんだけど、2週間なんて待ってられない。明日から行きたくないから、即日で辞められるいい方法はないかな?

こんにちは!ヒロです。

そんな疑問に答える記事になっています。

今回の記事を読むことで、『仕事を即日辞める方法』が理解でき、どのように行動すればいいかきっとわかります。

僕も過去に同じ方法で退職した経験があります。

最初にいっておくと、いくら仕事を即日辞めたくても、バックレて急に音信不通になってしまうのだけはやめましょう。

ちなみにバックレかけた経験も、、、あります。

すぐにでも今の会社を辞めたいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ辞めたいならSARABAがおすすめ

もう仕事がしんどすぎて今すぐ辞めたいのなら、『 退職代行SARABA 』を利用するのがおすすめです。

  • 労働組合なのに低価格
  • 返信の早さに定評あり
  • 十分すぎる実績・サポート
最終奥義です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
スマホひとつで安心して辞められます

目次

仕事を辞めるまでの基本的な期間

仕事を辞めるまでの基本的な期間

民法627条では雇用期間が決まっていない労働者の退職について、「退職の2週間前に退職の告知を行えば問題なく退職できる」となっています。

え!?じゃあ即日は無理なんじゃ?

基本的には2週間、ただし100%無理ではないんです!

なぜ辞めるまでの期間が2週間なのか、、その理由は、会社側にも働いている側にも準備の期間が必要だからです。

正社員で働いていれば後任がいないなど、すぐにいなくなられては困るケースも多いので、2週間は引継ぎをしたり次の人を雇ったりする期間。

働いている側も急に辞めて次の仕事がないとなれば大変ですから、次の仕事を探すための期間として考えられています。

つまり、お互いが困らないように決められている2週間ってことです。

就業規則で◯か月以上となっている

民法上では2週間だけど、今いる会社の就業規則は1か月前までに伝えてって書いてある。

こんな場合もあります。この場合どちらを優先させればいいのか、とても悩みますよね。

難しいところですが、ぶっちゃけていうと正解はありません。どちらも正解であり、不正解でもあります。

つまり、民法上の期間は決して守らなければいけない義務ではないので、最終的には会社がどちらを選択してくるかによります。


以上が、民法や就業規則で決められている、辞めるまでの期間の基本的な考え。

とはいえ、それでも仕事を即日辞めることは可能です。どんなケースで辞められるのか、このあとの章で紹介しますね。

仕事を即日辞める3つの方法

仕事を即日辞める3つの方法

会社を辞めるまでの期間が民法で2週間と決まっていても、仕事を即日辞められたケースはあります。それは下記のとおり。

  • 会社に認めてもらう
  • 有給休暇を消化する
  • 退職まで欠勤にする

会社に認めてもらう

ハードル高めですが、可能です。

退職の意思を伝えるときに会社が即日辞めることを認めてくれれば、すぐにでも辞められます。もしくは、2週間を待たずに退職可能。

しかし、引き継ぎもなにもなしで、すぐに辞めていなくなろうとする人を素直に送り出すような会社はあまりないので、簡単ではないですが。

でも、やむを得ないケースがあれば話は別です。

たとえばこんなケース。

  • 親の介護など家庭の事情
  • 精神的な病気や急なケガ
  • パワハラなどの労働環境

逆にいえば、上記に該当してこないと、即日での退職をすんなり認めてもらえるような会社は、少ないかなと思いますね。

有給休暇を消化する

有給休暇が残っているのなら、すべて消化して退職日まで出勤しない方法が取れます。つまり、退職までの2週間を有給にして、実質の即日退職にすることです。

ちなみに有給の日数は、勤続年数によって増えていきます。

勤続年数有給休暇の日数
半年10日間
1年半11日間
2年半12日間
3年半13日間

引継ぎなどを考えず、すぐに有給消化に入るのであれば強引な方法には変わりないので、会社によってハードルが高い場合もありますね。

ブラック企業では「有給ってなに?うまいのそれ?」みたいな、まったく取れないところもありますし、、、。

とはいえ、有給休暇は労働者の権利です。使えるものはしっかりと使って辞める有効な手段といえますよ。

退職まで欠勤にする

もっともっと強引なのは、有給なんてなくても退職日まで「欠勤扱い」にして出社しない方法です。

これは強引すぎでは、、、

たぶん強引レベルは最強…。

先ほどの有給消化が単純に欠勤扱いになっただけなので、実質的に即日退職なのは変わりありません。当たり前ですが、欠勤中の給与はなしですが。

もうここまでくると、認めてもらう・もらわないの次元ではない気がしますね、、、。

ちなみに、無理やり休み扱いにして辞めるから、訴えられると思う人もいますが、よっぽど大きな損害を会社に与えない限りはまずないかなと思います。

裁判にかかる費用や時間を考えたら、企業側にそこまでして退職者を訴えるメリットがあまりないからですね。

とはいえ、訴えられる可能性はゼロではないので、裁判を踏まえて行動をしないと痛い目を見るかもです。


以上の3つが仕事を即日辞めるケースです。あらためてまとめるとこんな感じ。

仕事を即日辞めるケース3つ
  • 会社に認めてもらう
  • 有給休暇を消化する
  • 退職まで欠勤にする

やっぱりハードルが高めな感じですね…。

どのケースでも会社に認めてもらわなければいけないので、わりときつめです、、、。

【裏技】退職代行を使って即日退職

【裏技】退職代行を使って即日退職

仕事を即日辞めるのは無理なのかな。

もうひとつ「裏技的な辞め方」あります!

それは「退職代行サービス」を使うことです。

退職代行とは簡単にいうと、費用を払ってあなたの代わりに退職の意思を伝えてもらえるサービス。業者によっては、会社へ退職条件も交渉可能です。

退職代行で有給を取得してもらえば、即日退職も可能となりますし、なんなら会社に1度も行かずに「スマホひとつ」で辞められます。

退職代行サービスを使うメリットはこんな感じです。

  • 明日から会社に行かないが可能
  • めんどうな引継ぎをしないでOK
  • スマホでのやり取りだけで退職できる

もちろんデメリットも、、、

本来退職することはお金がかからないものですし、まだまだ退職代行に対して理解のない人が多いのが現状です。

とはいえ、これまでお伝えしたように普通に辞めようと思えば即日退職のハードルはかなり高いので、すぐにでも辞めたいのであれば「退職代行サービス一択」かなと思います。

おすすめは『退職代行SARABA』です。

「労働組合」+「低価格」+「返信が早い」の3拍子揃った退職代行サービスで、利用者がぐんぐん増えています。使わない手はないんですよね。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
スマホひとつで安心して辞められます

くわしくは退職代行SARABAの評判は?メリット・デメリットをまとめましたでもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください

僕は仕事を即日辞めました【体験談】

僕は仕事を即日辞めました【体験談】

ちなみに、僕は過去に即日退職を2度したことがあります。1度目は2週間を待たずに数日で辞めたので、厳密にいうと、即日ではないですが。

いや仕事はちゃんとやめろよって話なんですけどね。

1度目はいわゆる「パワハラ」でして、さきほどのやむを得ないケースに該当するかなと思います。

僕の場合、直属の上司からだったので、さらにうえの上司に事情を相談して3日ほどで辞められました。

しかし、その3日間はパワハラ上司の猛攻を受けて超絶しんどい思いをしましたけどね、、、まあ辞められたのでヨシです。

退職までのしんどさは、こちらの退職日までもたない原因とモチベーションの保ち方【普通でOK】でも紹介しています。

当時は「退職代行」がまったくもって認知されていない時期で、僕も言葉自体知りませんでした。当時、退職代行を知っていたらすぐに使ってたかなと思います。

本当に退職代行を使ったのが2回目のとき。

結局使ったんかーい!

数年後に本当の即日退職をしました。

業者とは最初から最後までLINEのやりとりですし、会社には直接連絡せず郵送だけ。なので実感がわかないぐらいあっさりと退職できました。

お金かかってでもすぐにでも辞めたい人は、マジでおすすめです。クセにならないように、、、注意ですがね。

バックレだけはNG

バックレだけはNG

どんなに即日退職したくても、バックレるのだけは「ちょっと待った!」です。絶対にやめておきましょうね。

なぜなら、バックレたらめちゃくちゃ面倒なことばかりが待ち受けているし、最悪の場合には懲戒解雇となって次の仕事にも影響が出てしまうからです。

下記のような状況に耐えられる人のみバックレOKです。

  • 会社から連絡がとまらない
  • 保証人へ連絡がいってしまう
  • 最後の給料・退職金がもらえない
  • 最悪訴えられるケースもあり
  • 懲戒解雇となってしまう

バックレて逆にしんどい思いをするぐらいなら、「退職代行」を使った方が100倍マシですよ。

仕事を即日辞める方法:まとめ

即日退職の方法:まとめ

これまで即日退職の方法から体験談までお伝えしてきました。一度内容をまとめます。

即日退職の方法まとめ
  • 即日退職は会社に認めてもらえばOKだが、ハードルは高い
  • 有給休暇が残っているのなら、実質的な即日退職は可能
  • 本当に明日にでもいかないレベルなら、退職代行一択

有休消化や会社から認めてもらうには、多少でも会社に行かなければなりません。ですから、本当に即日で辞めたいのなら、退職代行サービスを使うのが1番。

会社にどれだけいられるかで判断ですね。

どちらがいいのか、今の自分の状況をあらためて考えてみましょ。

今回は以上です。

あわせて読みたい関連記事

別サイトですが、退職代行についてはこちらも参考に。

今すぐ辞めたいならSARABAがおすすめ

もう仕事がしんどすぎて今すぐ辞めたいのなら、『 退職代行SARABA 』を利用するのがおすすめです。

  • 労働組合なのに低価格
  • 返信の早さに定評あり
  • 十分すぎる実績・サポート
最終奥義です!

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
スマホひとつで安心して辞められます

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる