仕事辞めたら人生楽しすぎ!30代で辞めてみたら本当だった【なんとかなる】

仕事を辞めたいけどとても不安です。たまに仕事を辞めたら人生楽しすぎって言うけど、本当かな?30代だけどどうしよう?

こんにちは!ヒロです。
そんな悩みにお答えします。

仕事を辞めようと思うといろんな不安が襲ってきて辞めるに辞められない人も多いのではないでしょうか?特に30代や40代ともなると色々なものが絡みついてなおさらですよね。

僕も同じように悩んでいた一人ですが、先に言ってしまうと30代で決意して仕事を辞めてみたら人生が大きく変わりました!

この記事では今まさに仕事を辞めようか悩んでいる人に向けて、実際に30代で辞めた僕の体験談をもとに仕事を辞めようとするときの3つの不安や、辞めるための準備についてお伝えします。

今まさに仕事を辞めたいけど、不安に感じていた人は参考にしてみてください。

登録必須の転職エージェント

リクルートエージェント

公式サイトへアクセス

・求人数№1!とりあえず登録しておけば安心の転職エージェント。

マイナビエージェント

公式サイトへアクセス

・非公開求人多数!担当者のレベルが高いので安心できる。

doda

公式サイトへアクセス

・求人数10万件越え!転職サイト・エージェント一体化で使いやすい。

転職に成功している人は平均して3社以上の転職エージェントへ登録していますよ。

目次

仕事辞めたら人生楽しすぎな件【30代の体験談】

冒頭でも話したとおり、僕も30代で仕事を辞めた一人。実際に辞めてみたら「収入や時間、人間関係、精神面」などあらゆる面が良い方向へと変わりました。

収入は上がり、時間にも余裕ができるように。クソみたいな上司もいませんでした。

仕事に追われながら結果が出ずに上司に詰められて、休みも少なく自分はもちろん家族への時間などまったく取れなかった状況と比較すれば、天国のような場所へ行けたと思います。

具体的に言うと、まず1番大きかったのは休みが普通に取れること・定時に帰れることです。余裕のできた時間を家族と過ごしたり、副業に充てたりと充実より人生が充実したものになりました。

どんな上司や同僚に当たるかはだけはガチャみたいなもので、少し運の要素もありますが、、、

辞める前までは次も同じだけの収入が維持できるだろうかとか、人間関係や職場の空気感はどうなのかなど考えていましたが、はっきり言ってそんな環境で消耗する時間がムダでしたね。

やはり行動あるのみです。

今の仕事を辞めたいと考えているのであれば、悩んでなにもしない時間を過ごすぐらいならば、動けるうちに動くのがベストですよ。

とはいえ不安は不安で感じてしまうもの。まずは仕事を辞めようと思ったときに、よく感じてしまう3つの不安を下記にまとめました。

仕事を辞めるときの3つの不安

  1. お金への不安
  2. 職場への不安
  3. 将来への不安

上記の3つです。もう見るからに不安を感じる内容ですが、くわしくは下記でお伝えします。

1.お金への不安

おそらく、ほとんどの人が感じると思われるのが「お金の不安」です。

当然、収入がなくなってしまうわけですから、よっぽど貯蓄があればいいですが、辞めた後に生活していけるかどうかを不安に考えてしまいます。

わずかな貯金なら、少しずつ減っていくことは恐怖すら感じられますね。

会社都合での退職でない限り、最低でも失業保険を受け取れるまでの3か月間を生き延びられないと厳しいです。

このまま辞めても生活できるかわからないから、とりあえず仕事は続けないといけないとブレーキをかけている人がほとんどじゃないでしょうか。

辞めてもしばらくは大丈夫だというなにか(副業収入や退職金など)がないと、動けないのが普通ですよ。みんな同じです。

2.職場への不安

2つ目は「職場への不安」です。

自分が辞めることによって、職場の上司や同僚に仕事がまわってしまって、迷惑をかけてしまうのではないかと不安に感じてしまいます。

たとえば「担当していた案件は自分がいなければいけない。」とか、「嫌な仕事を押し付けるようで良く思われない。」ようなことですね。

ぶっちゃけ不安に思わなくて大丈夫です、思っている心配事の8割以上は起きません!

このように気にしすぎても仕方ないですし、あなたの人生ですから辞めないでタイミングを逃してしまった方が、一生後悔する場合がありますよ。

辞めてしまったら意外と引き継いだ仕事のことは、なんとかなってるものです。

3.将来の不安

3つ目は「将来への不安」です。

どうしても日本では「仕事を辞めたら人生終わり」という風潮があるので、仕事を辞めることに対して将来的な不安を感じさせてしまいます。

勢いで仕事を辞めたとしても、

  • 空白期間ができてしまう
  • 次がすぐ決まるかわからない
  • 将来のやりたいことが決まらない

という考えになりますし、もちろん人生設計もなにもない状態での不安はMAXです。

僕も経験したことがありますが、空白期間は気分も乗らずで、早くなんとかしなければと自分を追い詰めてしまいます。

とりあえず生きていくならバイトでも大丈夫ぐらいに考えて、「仕事辞める=人生終わり」と悪く考えすぎないのがいいですね。

空白期間ができたとしても、しっかりとした理由を回答できれば全然問題なしですよ。

仕事を辞めたら人生楽しすぎとなるために準備をしよう

仕事を辞めたら何がしたいか?

その答えを出して、在職期間中から準備をすすめましょう。そうすれば、仕事を辞めたときに人生楽しすぎと思えるはずです。

  1. 少し休んでリフレッシュしたい
  2. 誰かに雇われる人生を辞めたい
  3. 自分がやりたい仕事に就きたい

上記が将来的にどうなりたいかの例。

ニートになって遊び歩くだけが、人生楽しすぎと感じるのではありません。

1.少し休んでリフレッシュしたい

仕事を辞めたら少しの期間休んでリフレッシュをしたい。たとえば長期間ゆっくりと旅行に行ってみるのもありですね。(今はコロナで行きづらいかもしれませんが…)

休み期間の間に仕事のこと、将来のことをゆっくりと考えていくのがベストでしょう。

とはいえ、リフレッシュを実現するには、ある程度生き延びられる貯蓄が必要になってきます。

まずは3か月、その後に失業保険を受け取れればさらに6か月間は遊んでられますよ。

1か月生き延びるのにいくら必要なのか?どこかに行くのであればその資金はいくらなのか?というところを考えて、実現のためにお金を貯めていきましょ。

社会人になってしまうと学生の夏休みのように、長期間で休むことができなくなりますので、せっかくの機会をフル活用することが大事です。

2.誰かに雇われる人生を辞めたい

仕事を辞めて起業したり、フリーランスになるという選択肢です。

同じ仕事でも雇われるのと自分でやるのとでは、まったく仕事へのやりがいが変わって、人生楽しすぎと感じられてきます。

それに今は副業を認めてくれる会社も増えているので、在籍しながら新しいことにチャレンジするには絶好のチャンスです。

たとえば副業はこんな感じ。

  • ライター
  • ブログ
  • youtube
  • 動画編集
  • FX・仮想通貨
  • 株式投資

できればリスクは少ない方がいいから、手軽に始められる「ブログ」や「ライター」あたりがおすすめ!

誰かに雇われている人生なんてイヤだ!という人は仕事を独立できる状態まで極めたり、在籍中から副業をしたりして自分1人で生き抜く力をつけましょう。

3.自分がやりたい仕事に就きたい

今の仕事は本当にやりたかった仕事ですか?

自分がやりたかった仕事、会社で働きたい。そうなれば選択肢はひとつ、「転職」です。

とはいえいきなり辞めても先ほどの不安が押し寄せるだけなので、理想は今の仕事に在籍している間に理想の職場を見つけることです。

見つかるまでは我慢のときが続きますが、とりあえず生活できなくなることはないと思うので。

理想的な転職の流れはこんな感じです。

STEP
転職サイトで探す

まずは転職サイトで自分の気になる企業を探してみましょう。

リクナビNEXTで求人を探す(公式サイトへ)

STEP
口コミサイトで気になる企業の評判を調べる

興味のある企業の口コミを見て、なにか問題がないか確認。

転職会議で企業の口コミを調べる(公式サイトへ)

STEP
気になる企業を転職エージェントへ伝える

転職エージェントでつながっている企業か確認しましょう。

リクルートエージェントに紹介してもらう(公式サイトへ)

STEP
転職エージェントから推薦状をつけて紹介してもらう

エージェント経由で応募することで、書類選考が通る可能性がぐっと上がります。

STEP
転職エージェントと書類・面接対策をする

書類の修正、面接対策など転職エージェントのサポートをフルに活用して採用率を上げていきましょう。

転職の具体的な方法については、「転職を成功させるための具体的な流れを解説【内定を勝ち取るコツ】」でもご紹介しています。

なんだか多くて大変だなという人はとりあえず「転職エージェント」だけでも登録しておけば、あなたの希望する求人を見つけてきてくれますよ。持ってきてくれた求人に対して判断すればOK。

転職エージェントは、やはり大手の「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「doda」の3つは安心なので押さえておきましょ。

人生の半分以上は仕事しているわけですから、人生楽しすぎと感じるには仕事の充実は必須ですね。

登録必須の転職エージェント

リクルートエージェント

公式サイトへアクセス

・求人数№1!とりあえず登録しておけば安心の転職エージェント。

マイナビエージェント

公式サイトへアクセス

・非公開求人多数!担当者のレベルが高いので安心できる。

doda

公式サイトへアクセス

・求人数10万件越え!転職サイト・エージェント一体化で使いやすい。

転職に成功している人は平均して3社以上の転職エージェントへ登録していますよ。

ぶっちゃけ仕事を辞めてもなんとかなる

もし仕事を突発的に辞めたとしても、意外となんとかなるものです。

僕のように家族がいる場合はあまり単独で行動するわけにはいかないかもしれませんが、それでも辞めたことで急に食べるものがなくなって生きていけないわけではありませんから。

幸いなことに日本は色々と辞めた人への手当がしっかりとされていますので、「失業保険」をもらいながら次を見つけたり、とりあえず「アルバイト」でもしたりすればなんとかなりますよね。

ずっとは難しいですが、とりあえず次までの期間ぐらいならなんとかなります。

今の仕事が辛すぎて我慢しているぐらいなら、不安を感じても感じすぎずになんとかなるといったぐらいの気持ちでいた方がいいですよ。

辞めにくいのなら退職代行サービス

辞めたいけど上司が怖くていえない、ちゃんと取り合ってくれないなどまともに辞められない場合は「退職代行」を検討してみるのも手です。

今まさに退職代行は人気?で利用者が増え続けています。

簡単に言えば、あなたに代わって「退職の意思」を会社へ伝えて、退職が完了するまでのやり取りをすべて代行してくれるサービスです。

依頼をしたその日から会社に行かなくてもいいですし、最初から最後までLINEのみで辞められるという神サービスとなっています。

もう嫌な上司の顔を見なくてもOKです。

ちなみにおすすめの退職代行は「SARABA」。労働組合による運営で、違法性なく有給もしっかりと消化して辞めることができますよ。

悩んで悩んでおかしくなってしまうぐらいなら、退職代行でとっとと辞めてしまって次に進む方が人生が楽しくなりますよ。

\失敗なし!安心して辞められます/

仕事を辞めたら人生楽しすぎと思えるはず

これまで実際に30代で仕事辞めてみたら人生楽しすぎた僕の体験談をもとに、感じる不安や辞めるための行動についてお伝えしてきました。

とはいえ、現実はそうもいかないので、不安要素をクリアできるように在職中から動けば、辞めた後は心の底から「人生楽しすぎ!」と思えるでしょう。

動かなければ後悔するだけですよ。今回は以上です。

あわせて読みたい関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる