【悲報】電話対応が苦手すぎて仕事辞めたい【克服するのは大変です】

【悲報】電話対応が苦手すぎて仕事辞めたい【克服するのは大変です】

仕事で電話対応するのが怖い。もう辞めたいぐらいなんだけど何か克服するいい方法はないかな?

こんにちは!
ヒロです。こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 電話対応が苦手な原因
  • 苦手を克服するための方法
  • それでもダメな場合は?

仕事での「電話対応」って難しいですよね?

この記事を書いている僕は今でこそマシになりましたが、仕事での電話となるといつも通りにできず、うまく対応することができませんでした。

電話対応のない仕事がうらやましく感じるほどです。

とはいえ、苦手意識を克服するのは大変です。

この記事では、そんな電話対応を苦手としている人に向けて、苦手と思う原因と克服するための方法をお伝えしていきます。

この記事を読み終えれば、今まで悩んでいた「電話対応」の対処法が見つかりますよ。

目次

電話対応が苦手で仕事を辞めたい原因

電話対応が苦手で仕事を辞めたい原因
  1. 誰かに聞かれるのが嫌
  2. 第一声がうまく言えない
  3. うまく聞き取れず終わる

上記の3つです。
電話対応が苦手な原因は、こんな感じの人が多いかなと思います。

もう少しくわしくお伝えしていきます。

①誰かに聞かれるのが嫌

自分一人の環境ならうまくできるけど、誰かに聞かれている環境だとダメという人が多いです。

それはよっぽど自信がないと、自分の受け答えが誰かに聞かれているのが「プレッシャー」に感じてしまい、いつもの力が出せないからですね。

たとえばこんな状況だと苦手意識が加速します。

電話がとくに苦手に感じる環境
  • すぐそばに上司がいる
  • 静かなフロアで声が響く
  • 経験が少なくわからないことが多い

わりとしんどいです。このような状況で電話に対しての「ストレス」を感じ続けてしまうと、「仕事を辞めたい」という感情が湧いてきます。

②第一声がうまく言えない

僕は第一声の「ありがとうございます」がうまく言えません。

電話の第一声は「お電話ありがとうございます」がスタートするかなと思いますが、これが言えないわけです。

同じように悩んでいる人は意外といるかなと思いますね。

「1人でいるとき」や「何でもない会話の中」では言えるのに、電話となると急に言えなくなります。声が出ないか、途中で噛むかですね。

実は、電話に限ったことではなく、大勢の前でのありがとうございますも言えません。

これは吃音症(きつおんしょう)の一種です。


ぶっちゃけ原因はよくわかりませんが、気にすれば気にするほど言えなくなるのがこの現象で、電話に出るのが恐怖に感じてしまいます。

③うまく聞き取れず終わる

仕事の受ける電話では、相手の要件や名前などを聞かなければならないのに、うまく聞きとれずにそのまま終わってしまうことがあります。

苦手意識があると、出る時点で少しテンパっているのに、聞き取れないと余計にパニックになってしまうからですね。

下記のような基本的なことです。

電話対応で聞かなければならない基本的なこと
  • 会社名・個人名
  • 相手の電話番号
  • 電話をしてきた用件

会社名は特にわかりづらいものが多いので、一度で聞き取れない場合も多いんですが、落ち着いていないとうまく聞きなおすことができません。

「声が小さい人」や「早口な人」にあたるともう最悪です。

わからずに終わる方が失礼なのはわかっていても、その場ではなかなか冷静に対応することができずに、結局は相手や上司に怒られてしまいます。

では、どのようにすればいいのか?僕が実際に電話対応ができなくて悩んだときに試した対処法を、この後にお伝えしていきます。

電話対応な苦手な人向けに3つの対処法

電話対応な苦手な人向けに3つの対処法
  1. ひたすら電話してみる
  2. 上手な人の真似をする
  3. 落ち着くためメモする

上記が3つの対処法です。くわしくは下記で。

1.ひたすら電話してみる

1.ひたすら電話してみる

とにかく電話対応の数をとにかくこなすことで、言葉遣いや応対の仕方も慣れてきてスムーズになり、苦手意識も薄くなっていきます。要は慣れです。

もちろん、ただなんとなく電話をし続けてもダメなので、とくにこんなことを気をつけるとよりいいですね。

電話をするときに注意すること
  • 速さより正確さを重視
  • ゆっくり話すようにする
  • 聞き取れなくても怖がらない

そのうち自信もついてきて、電話が苦に感じなくなっていくのであれば、単純に「経験不足」や「勉強不足」だった可能性が高いです。

まだ「電話対応」もやっていけるはず。

最初はとにかく恐怖かもしれませんが、無理をしない程度にひたすら電話をしてみるのがいいでしょう。

2.上手な人の真似をする

2.上手な人の真似をする

なんでもそうですが、うまい人の真似をすればOKです。

社内でもスムーズに電話対応している人を見つけて、自分の対応と何が違うのか分析してみると、いい結果につながっていきます。

先輩・上司にストレートに聞いてもいいですね。

たとえば、「敬語や言い回し」や「自分が普段できていない部分」をとにかく聞いて分析していけば、自然と覚えて苦手意識も少なくなるはずです。

最初からすべてを真似するのは難しいと思うので、できるところから取り入れていきましょ。

3.落ち着くためメモする

3.落ち着くためメモする

気持ちを少しでも落ち着かせるために「メモの活用」です。

電話はテンパって失敗することが多いので、「何を聞かなければいけないのか」などをメモしておけば、気持ちも落ち着かせることができます。

自分なりにまとめたものを、マニュアル化しておいても良いと思いますね。

聞かなければいけない基本的なこと
  • 日時
  • 誰から
  • 誰宛てに
  • どんな用件で

上記のような基本的なことを、メモにフォーマット化しておけば、とてもわかりやすいです。

大事なことを聞き逃して怒られるよりは、メモだらけになってもいいので、いつでも自分がわかるようにしておきましょう。

それでもダメなら部署異動・転職を

それでもダメなら部署異動・転職を

対処法を試しながら、どれだけ電話に出続けて数をこなしてもダメな人は、残念ですが「部署異動」や「転職」を考えていきましょ。

とくに技術や経験で解決できないようなもの(吃音など)は、かなりつらい思いをしますから。

たとえば、「待遇」や「人間関係」が悪くない場合は、無理に辞める必要はありませんので、電話対応の少ない部署へ「異動」させてもらいましょう。

電話応対をしないような部署がなかったり、会社自体に不満を感じているなら、「転職活動」をして会社を変えてしまうことです。

切り替えが大事です!

人間だから「向き不向き」は絶対にあります。無理な「ストレス」で病むぐらいなら、新しいことにチャレンジして前に進みましょ。

転職の方法はこちらを参考にしてみてください。僕が成功した方法です。

転職のすすめ

STEP
転職サイトで探す

まずは転職サイトで自分の気になる企業を探してみましょう。

リクナビNEXTで求人を探す(公式サイトへ)

STEP
口コミサイトで気になる企業の評判を調べる

興味のある企業の口コミを見て、なにか問題がないか確認。

転職会議で企業の口コミを調べる(公式サイトへ)

STEP
気になる企業を転職エージェントへ伝える

転職エージェントでつながっている企業か確認しましょう。

リクルートエージェントに紹介してもらう(公式サイトへ)

STEP
転職エージェントから推薦状をつけて紹介してもらう

エージェント経由で応募することで、書類選考が通る可能性がぐっと上がります。

STEP
転職エージェントと書類・面接対策をする

書類の修正、面接対策など転職エージェントのサポートをフルに活用して採用率を上げていきましょう。

転職の方法については転職を成功させるための具体的な流れを解説【内定を勝ち取るコツ】でもご紹介しているので、ぜひ参考に。

まとめ:電話対応が苦手だから仕事辞めたい

まとめ:電話対応が苦手だから仕事辞めたい

簡単なようで、意外と悩んでいる人が多いのが「電話対応」です。

数をこなせば慣れてくる人はいると思いますが、重度の吃音症だったり、緊張しすぎるような人だと、自分一人で改善するのはなかなか難しくなってしまいます。

そんなときこそ新しいことに目を向けていくべきかもしれません。実際に、僕は電話応対の少ない業種へ転職して気持ちがとても楽になりましたので。

向いていないことを無理して続けていてもダメです。

もちろん、この先の人生で「100%」は避けられないので、できる限り電話対応の少ないところでムダなストレスを抱えないのがベストです。

電話1つに人生を左右されるのは、とてももったいないことですよ。

今回は以上です。

あわせて読みたい関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる