無断欠勤のまま退職したいなら方法はひとつだけ【普通に辞められる】

無断欠勤をしてしまったし、このまま連絡をせずに辞めようかな。会社に行かなくていいし大丈夫だよね?

こんにちは!ヒロです。
そんな疑問にお答えします。

無断欠勤のまま退職するのは絶対にやめましょ。特に正社員で働いているのであれば。

すべてのことを気にしない鋼の心臓が必要なほど超絶めんどくさいことになりますし、もらえるはずの給料に影響か出たり、転職活動にも影響か出てきますから。

そんなの関係ねぇ!という人だけ無断欠勤のまま辞めてもOKです。

この記事では、無断欠勤のまま退職するデメリットと、どうしても辞めたいあなたへ裏技的退職方法を、実際に辞めた経験のある僕の体験談を交えてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

退職代行ランキング
  1. 退職代行SARABA
    安心の労働組合運営
    返信の早さは業界NO.1
  2. 退職代行エンマン
    弁護士なのに低価格
    会社と揉めそうなら一択

  3. 労働組合も選べる
    心理カウンセリングあり
もう悩まない!
目次

無断欠勤のまま退職するのは最悪

無断欠勤のまま退職するのは最悪

無断欠勤のまま退職したら逃げられて楽のように感じますが、なにひとつ良いことがありません。

むしろ最悪です。

僕は過去に無断欠勤のまま退職をしようと考えて、朝起きたら会社に行かずにスマホの電源をオフ。とりあえず適当に出かけた経験があります。

その日の状況を簡単に伝えると、、、。

  • 家まで会社の人が来る
  • 電源を入れたら着信履歴がお祭り
  • 1日中これからどうしようと考える

上記のとおりです。僕はこのあと奇跡的に1度会社に戻りました。このあと別の方法で辞めましたが、、。

僕のように会社に戻らない場合は、ここから会社にメールやLINEを入れて辞めますと2~3日後に連絡するケースがほとんどかなと思います。

とはいえ、メールやLINEで一方的に辞めますと言っても正式な手続きを踏んでいるわけではないので、無断欠勤しているのと一緒。

結局は最悪のケースに発展してしまう可能性がありますね。

次の章で無断欠勤のまま退職するデメリットを見ていきましょ。

無断欠勤のまま退職するデメリット3つ

  1. 書類がもらえない
  2. 懲戒解雇にされてしまう
  3. 損害賠償請求の可能性あり

上記の3つが無断欠勤のまま退職するデメリットです。くわしくは下記でお伝えしますね。

書類がもらえない

会社を辞めるときに受け取らなければいけない書類がもらえません。

おそらく会社としっかり連絡なんてできていないので、書類がどうなっているか、退職の手続きが進んでいるのかすらわからないですから。

下記が本来受け取る書類です。

  • 離職票
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証

受け取るために結局会社へ連絡しなければいけないとか、再発行するとかしないとか考えるだけでもう嫌になりますよね。

懲戒解雇にされてしまう

2週間以上無断欠勤が続けば、会社側もあなたを解雇できます。

ただの解雇にしてくれればいいですが、無断欠勤で勝手に辞めるような人に対しては「懲戒解雇」にされてしまうケースがあります。

懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、民間企業において、就業規則に基づく懲戒の一つとして行う解雇のことである。労働者にとって極めて重い処分である。なお、公務員の場合は懲戒解雇ではなく、懲戒免職(ちょうかいめんしょく)と呼ばれる。

引用:Wikipedia

懲戒解雇になると離職票にも載ってきますから、転職する際に不利になるのは当たり前。採用する会社側からしたら、問題がありそうな人を採りたくはないですよね。

たとえば、退職理由を嘘ついて転職活動をしても離職票を見られてしまい、無断欠勤だったのがばれてしまったなんてこともあります。

嘘はダメです。

経歴詐称まで加わってきますから、懲戒解雇にされてしまっても嘘はつかず、なんとか転職活動をするしかありません。

損害賠償請求の可能性あり

損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

会社に対して損害を与えてしまったなど、無断欠勤を続けることで民法709条の「不法行為」に該当してしまう可能性があるからですね。

不法行為(ふほうこうい)とは、ある者が他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為。また、その場合に加害者に対して被害者の損害を賠償すべき債務を負わせる法制度である。

引用:Wikipedia

その他にも単純に無断欠勤をすることで、会社に対し被害を与えてしまった場合も。

相手先の企業へ損害を与えてしまったりとかですね。

さすがに無断欠勤だけで損害賠償請求までされてしまうのはレアなケースですが、可能性として0ではありませんので、少なからず訴えられてしまうことを覚えておきましょう。

無断欠勤のまま退職するぐらいなら退職代行

無断欠勤のまま退職するぐらいなら退職代行

無断欠勤がよくないのはわかったけれど、会社に行きたくないし、やはりこのまま辞めたい。

そんなときには「退職代行」しかありません!

無断欠勤せずに会社に行かないければとは思っていても「どうしても会社に行きたくない!」「嫌な上司の顔も見たくない!」といった人もいますよね。

最終手段として「退職代行サービス」を利用する手があります。

無断欠勤をした、もしくはしようと考えている人が、転職活動や正規の退職手続きをするためにはほぼ退職代行一択かなと思います。

退職代行についてもう少しくわしくお伝えします。

退職代行とはどんなサービス?

退職代行とはあなたに代わって退職の意思を会社へ伝えてくれるサービス。

スマホひとつで電話やLINEをするだけで辞められることから、最近では利用者もどんどん増えています。業者によっては、毎月300人以上の利用者がいるそう。

ここ数年でよく名前を聞くようになりましたね。

1番のメリットは会社に行かずに辞められる点。

相場としては3万円~5万円ほどのお金はかかりますが、無断欠勤をして会社に行きづらかったり、退職を認めてくれないケースを考えたら安いかなと思います。

どうしようか考えたりするムダな時間を過ごす方がもったいないですからね。

おすすめの退職代行は?

おすすめの退職代行は「SARABA」です。

ひとことで退職代行といっても種類があり、会社に対してできる内容が変わってきます。

  • 一般法人
  • 労働組合
  • 弁護士

もちろん、1番安心できるのは弁護士による退職代行ですが、値段も5万円以上のところが多いですし、ぶっちゃけそこまで必要ない場合が多いです。

退職代行SARABAは「労働組合」による運営。

会社へ交渉ができて料金は一般法人とほぼ変わりませんから、裁判に発展するほど問題を抱えていなければ、とりあえずSARABAに任せておけば安心です。

一般法人の場合、退職の意思や有給取得をお願いできますが、会社に拒否されてしまった場合にはそれ以上なにもできません。

選ぶところによっては失敗してしまったなんてケースも。

退職代行SARABAは24時間対応で受け付けていますし、深夜や早朝でも返信の早さにも定評があるので、困ったら無料相談してみましょ。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
会社に行かずに辞められます

退職代行SARABAについてはこちらの「退職代行SARABAの評判は?メリット・デメリットをまとめました」でもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行を使ってでも正しく退職しよう

退職代行を使ってでも正しく退職しよう

これまで無断欠勤のまま退職したいあなたへ、3つのデメリットと有効な退職方法についてお伝えしてきました。あらためて言うと、会社を無断欠勤は絶対にやめましょう。

誰しもがわかりきっていることですが、仕事で色々と追いつめられるとつい会社に行きたくなるものです。

僕もふと思って行かなかったですから。

急に辞めたってなんだかんだで仕事はありますし、無断欠勤をするぐらいなら退職代行を使ってでもしっかりと手続きをして辞めましょう。

今回は以上です。

≫退職代行SARABAの公式サイトへ
会社に行かずに辞められます

あわせて読みたい関連記事

退職代行ランキング
  1. 退職代行SARABA
    安心の労働組合運営
    返信の早さは業界NO.1
  2. 退職代行エンマン
    弁護士なのに低価格
    会社と揉めそうなら一択

  3. 労働組合も選べる
    心理カウンセリングあり
もう悩まない!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる