「仕事飽きた!」と思う5つの原因と3つの対処法【辞めても大丈夫】

仕事飽きた…。毎日同じような仕事でモチベーションも上がらないし、このまま続けた方がいいか悩んでいます。なにかいい方法はないかな。

こんにちは!ヒロです。
こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 仕事に飽きてしまう原因
  • 仕事に飽きたら対処法はまず3つ
  • 仕事に飽きたら転職も視野に

どんな仕事でも飽きた…と感じる瞬間ってありますよね。

すぐに切り替えられるならいいですが毎日のように考えながら仕事しているのなら、早いうちに行動しないと間違いなく詰みますよ。

毎日同じような仕事の繰り返しが多いですからね。

今回はそんな「仕事飽きた…。」と感じているあなた向けに書きました。

10年以上の社会人経験があり、転職を何度も経験した僕がお伝えするので、今まさに「仕事に飽きて悩んでいる人」はぜひ参考にしてみてください。

目次

仕事に飽きたってどういうとき?【原因】

仕事に飽きたってどういうとき?【原因】

仕事飽きたと思う原因は次の5つです。

  1. 毎日同じ仕事の繰り返し
  2. やりがいを感じられない
  3. やりたい仕事につけていない
  4. 新しく学べるものがない
  5. もともと飽き性な性格

この記事を見ているということは、新人の頃のどんなことにも必死に挑む「フレッシュな気持ち」は、きっとなくなっていますよね。

大体3年ほど働いたあたり、早い人なら1年ぐらいで「仕事飽きた」と感じる人がいます。まずは自分に置き換えて考えてみてください。

①毎日同じ仕事の繰り返し

決まった時間に決まった仕事をするだけで刺激がなく、毎日同じことの繰り返しで飽きてしまうという、よくありがちなパターンです。

人間ですからどんなに好きな仕事や得意な仕事でも、同じことばかりでは「仕事飽きた…」となるのも当然。要は慣れです。

良くいえば仕事に慣れてきて、うまくこなしているからこその悩みかもしれませんね。

仕事に対しての「慣れ」が、そのうち「飽き」へと変わっていく瞬間には注意しましょう。日頃の習慣を無理にでも変える努力が必要です。

②やりがいを感じられない

はじめのころは必死に取り組んでいた仕事でも、慣れてくるとどんどん仕事への情熱が失われていって、「やりがい」が無くなっていきます。

とりあえずこなしているだけって感じです。

引用:ミドルの転職

上記のようにやりがいを頻繁に感じている人は意外と少なく、たまに感じている程度の人がほとんど。つまり、やりがいってなかなか感じられないものなんです。

やりがいが無くなると、飽きたと感じるのはもちろん、やる気もないので仕事のミスも増えますよね。

やりがいの感じられない状態を続けていても、プラスになることはほぼないので、あらためて「何に対してやりがいを感じるのか」を見つめなおすべきです。

転職も視野に入れる必要があるパターンかなと思います。

③やりたい仕事につけていない

心の底から「やりたい仕事」についている人は案外少ないです。

引用:楽天infoSEEK

上記のように約半数はやりたいと思える仕事に就けていません。

好きでもない仕事でそれでも我慢して働いている理由は、「生活のため」や「待遇がいいから」でして、簡単には辞められない場合が多いです。

とはいえ、やりたくもない仕事を毎日繰り返していれば、そりゃ飽きますよね。

やりたい仕事ってなんだったかなと忘れかけてしまっている人もかなりいます。

果たして自分のやりたい仕事はなんだったのか再発見するためにも、あらためて考え直してみるべきかなと思います。

視野を違うところに向けてみるのもありですね。

④新しく学べる経験がない

仕事を通じて学べるものがなく、自分の成長につながらないと感じると飽きがくるのも早いです。

たとえば、「今後の人生に役立つスキルが身につく」とか「普段会えないような人との出会いがある」とかだと、まったく違いますよね。

どうせ働くなら良い経験を積みたいはずなので。

学べるものがないと、なんのために仕事をしているのかわからず、目的を見失いがちです。

僕も経験がありましたが、世間一般に役立つスキルであっても、自分のやりたいこととの違いがあっては、あまりモチベーションも上がりません。

その仕事で得られる経験が、自分に果たして必要なのかを考えてみるのも重要です。

⑤もともと飽き性な性格

根本的な「性格の問題」です。
恋愛でも「熱しやすく冷めやすい」というようなタイプで、最初はいいんだけど少し時間が経つとなんでも飽きてしまう人。

僕もこのタイプなので、よくわかります。

心の底から好きだといえる仕事につかないと、ぶっちゃけしんどいです。

でも性格を変えるってほぼ無理なので、なかなか大変なんですよね。ですから、このタイプは仕事うんぬんよりも「耐え抜く覚悟」が必要です。

仕事飽きたと思うほとんどは慣れ

どれか当てはまりましたか?
飽きたと思う原因のほとんどは、慣れからのやる気低下です。

1つでも当てはまってしまった人へ、仕事飽きたと感じたときにまずは考えたいこと3つをお伝えします。

仕事に飽きたらまずはこの3つの対処法

仕事に飽きたらまずはこの3つ
  1. しっかり休憩する
  2. 目標設定を明確にする
  3. 仕事で新しいことに挑戦

とりあえず「仕事に飽きた」なら、まずはこの3つの対処法を考えてみるべきです。

①しっかり休憩する

まずはしっかり休みましょう!

社会人はなんだかんだ言って疲れてますから、休日をしっかりと休むことが大事です。

疲れていると、もともと楽しかった仕事や、やりがいのある仕事でもちゃんと向き合えなくなってきますから。

それに休みも仕事のことを考えたり、逆に仕事中もやる気がなかったりで、メリハリがまったく無いことが多いです。

仕事とプライベートとの”メリハリ”をつけようってことですね。

しっかりと仕事とプライベートを分けていくことで、「休むときは休む!」「仕事をするときは仕事をする!」となるので、向きあう姿勢も変わってくるはずですよ。

②目標設定を明確にする

自分の将来像を決めます。これは本当に大事。

自分の目標設定が決まっていないと、そのうちなにを目指しているのかわからなくなって、モチベーションはだだ下がりです。

僕もそうですが、闇雲に仕事をしているとどうしても単純作業をこなしてる感じになるので、仕事に飽きがきてしまいます。

目標設定の例

  • 売上○○円を達成する
  • ○○の資格を必ず取る
  • ○○歳までに独立する

目標設定は小さなものからでOKです。

内容としては、「仕事」はもちろん「プライベート」のことでもいいかなと思います。今の時代なら「副業」なんかもいいですね。

僕はよくこのブログでの目標設定なんかを生きがいにしたりしています。

冷静になって自分の進みたい道を考えてみるのが1番です。

向かう先が明確な人ほど、仕事飽きたなんて感じさせずに突っ走ってる感じです。

③仕事で新しいことに挑戦

なんにでも挑戦していくことです。

同じことを繰り返していれば、必ず飽きてしまう瞬間は来るので、常になにか新しいことに挑戦する気持ちを持てばOKです。なんなら部署異動をお願いしてみてもいいかなと。

仕事での挑戦例

  • 違う仕事の方法を試してみる
  • やっていない分野を勉強してみる
  • 違う部署へ異動願いを出してみる

現状維持は退化します

仕事で無理をしなくても生活できるだけの給料はもらえるので別に動かなくても、、、という人がいますがある意味これも生き方なので間違いではないです。

とはいえ、それ以上の成長は望めなくなります。

現状維持は「成長が止まる=退化」です。

常に新しいことに挑戦していけば、仕事飽きたなんて思う暇もないでしょう。

それでも仕事に飽きたなら”転職”です

それでも仕事に飽きたなら"転職"です

それでも「仕事に飽きた」なら、解決する選択肢は一択です。

“転職”ですね。

新しいことに挑戦できるような環境だったり、自分の目標設定の先のやりたいことが、今の会社にないのであれば「転職活動」をしましょう。

僕も20代で2度の転職を経験しましたけど、やはり「転職のタイミング」は早ければ早い方が、相手への印象もやはり良くて、結果を有利に進めることができますよ。

方法は2つです。

転職の2つの方法

転職サイトと転職エージェントの違いは?

自分で求人を見て探すのが”転職サイト”、担当がついて求人情報を探したり会社と交渉してくれるのが”転職エージェント”です。

どちらも最初から最後まで無料で使えるので、使わない手はないですね。僕はずっとエージェントは「お金がかかる」と思ってました。笑

転職エージェント」は、ひとりで転職活動するのは心細いと不安を感じる人にとって、強い味方ができるので必須かなと思いますね。

転職エージェントを使うメリット
  1. すべて無料で利用できる
  2. 非公開の求人情報に応募が可能
  3. 企業の裏情報や雰囲気がわかる
  4. 自分に合った企業を探してくれる
  5. 入社後の日程や給料調整してくれる

まずは相談だけでもするだけで全然気持ちが変わりますので、「仕事飽きた」という人はぜひここから新しい道を切り開いてください。

少なくとも僕は救われましたよ。

転職の方法については転職を成功させるための具体的な流れを解説【内定を勝ち取るコツ】でもご紹介しています。


まとめ:仕事に飽きたらやれるだけやってみる

まとめ:仕事に飽きたらやれるだけやってみる

これまで仕事に飽きた…その5つの原因と3つの対処法についてお伝えしてきました。1度内容をまとめますね。

仕事に飽きたまとめ
  • まずは飽きた原因を知る
  • 対処法は3つ、特に目標設定
  • ダメなら早いうちに転職を考える

「仕事飽きた」と悩んでいるだけでは、残念ながら何も変わりません。

今の職場で気持ちを変えられるのであれば、無理に転職する必要はないと思いますので、自分の力を最大限発揮できる場所を見つけましょう。

今すぐ行動したほうがいいのは、そんな場所が今置かれている環境のどこにもない人です。

仕事飽きたと思ったら、すぐに行動しましょう。

今の会社にしがみついているだけが全てではありません。

今回は以上です。
僕もそうでしたが、記事を読んでも8割以上の人は行動に移さずに終わります。せっかくなら残りの2割になって人生を変えていきましょ。

あわせて読みたい関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる