サラリーマンがつらい5つの原因と対処法【社会人歴10年が教える】

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

サラリーマンとして働いているけど仕事がつらい…何か抜け出す方法はないかな?

こんにちは!ヒロSSK(SSK_hirohiro)です。こんな疑問に答えます。

サラリーマンの「つらい」は変えられます。

サラリーマンとして働いていると一度はつらいと思ったことがありますよね?人それぞれ理由は様々だと思いますが。

そんな感情に耐えながら、何事もなかったかのように装って働いているのも事実です。僕も正直そんな感じで働いてました。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

10年以上社会人として働いています。

この記事では「サラリーマンがつらいと感じる原因と対処法」について、10年以上社会人として働いている僕がお伝えします。

今まさに「つらい」と感じている人は少しだけ「進むべき道」が見えますよ。

サラリーマンがつらいと感じる5つの原因

サラリーマンがつらいと感じる原因

3割以上の「サラリーマン」が「仕事がつらい」と感じている。

とある調査でそんな答えが出ています。
ちなみに一度は「会社を辞めたい」と思った瞬間があると回答した人は9割以上になるそうです。

この数字では「地獄のような表情」で通勤しているのもうなずけますね。

ぶっちゃけサラリーマンはみんな我慢しすぎです。耐えるのが正義、逃げるのが悪といった「謎の風潮」がありますよね。

僕が感じた部分や周りの意見を総合すると、「サラリーマンがつらいと感じる原因」は以下の5つです。

サラリーマンが辛いと感じる原因
  1. 通勤がしんどくて疲れる
  2. 付き合いの飲み会が多すぎる
  3. 仕事にやりがいが感じられない
  4. 上司・同僚との人間関係が良くない
  5. 自分の実績に比例した給料がもらえない

くわしくは下記で解説します。

①通勤がしんどくて疲れる

通勤が「しんどい」と感じている人が多いです。

通勤方法はおもに以下の3種類。
基本的にサラリーマンの多くは通勤するだけで、「働く前からつらい」と感じてしまいます。

  1. 徒歩・自転車
  2. 交通機関を利用

満員でぎゅうぎゅうに詰められた交通機関を乗り越えてやっとの思いで職場に到着、もしくは車とはいえ長い時間をかけて運転しているなど。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

特に満員電車はつらすぎる。

徒歩や自転車通勤でも「明るい表情」で職場へ向かっている人はほとんど見ません。

もちろん帰りも同じような状態ですね。
仕事で疲れた体へ追い打ちをかけるようにダメージを受け、それが蓄積されてじわじわと効いてきます。

みんな働く前から疲れているんです。

②付き合いの飲み会が多すぎる

令和となったこんな時代でもまだまだ「飲みニケーション」が盛んです。

  1. 「○○の契約祝い」
  2. 「歓送迎会」
  3. 「今日行くか!(不定期)」

なにかにつけて飲みに誘われるし、タイミングが急すぎる!「誘われやすいポジション」になると避けることが難しくなります。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

ちなみに僕は誘われやすいポジション。笑

もちろん人脈が増えたり、関係性が上がるものもあるので全否定はできませんが、「愚痴」や「武勇伝」ばかりでは生産性ゼロ。

こんな感じで「勤務時間以外」でもつらいことが多いです。

③仕事にやりがいが感じられない

心の底から「やりたいと思った仕事についている人の割合は4割」です。これしかいません。

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

えー4割なの!?

僕もそうでしたが、いつしか自分のやりたかったことより「生活」や「家族」、「周りの目」などを気にして仕事を選んでいるからです。

ですから基本的にはやりたくもない内容の仕事を、なんとか「気持ちを奮い立たせてやっている人」が多いということですね。

これでは「やりがい」を感じるわけありません。

④上司・同僚との人間関係が良くない

実は8割以上のサラリーマンが「職場の人間関係に悩んだことがある」と回答しています。その多くは「パワハラ気質な体育会系の上司」や「気の合わない同僚」などですね。

たとえばそんな上司が近い存在だったら…こんな状態を生みます。

  1. なるべく関わりたくない
  2. 会社に行きたくなくなる
  3. 好きだった仕事は嫌なものへ
リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

上司ガチャを外すと悲惨。

人間関係の悩みはつらいを飛び越えて、その人自身を壊しかねないとても「危険な環境」です。

⑤自分の実績に比例した給料がもらえない

最後は一番重要なお金に関する部分で、「自分の実績に比例した給料がもらえない」ことです。

  1. 売上・営業利益を倍にしたのに全然給料に反映されない
  2. 同じ仕事をしているのに年功序列で給料は自分の方が低い

会社によって「昇給の基準があいまい」なところも多くて、なにをどう決めているかわからないといった声も多いです。

それに「同業他社」に勤めている知り合いと比較して、自分の方が低いと、どこにもぶつけようのない感情が湧きます。つらい…。

うさぎさんのアイコン画像うさぎさん

見合った給料貰えないなら、やってられないから辞めるわ。

こんな感じで会社を去った人も多いはず。
ただし、一番つらいのは辞めたいけど、「生活のため・家族のために辞めたくても辞められない事情がある人」です。

結局は我慢して働き続けなければならずに、「つらい思い」が増していくだけです。

サラリーマンがつらいときの対処法

サラリーマンがつらいときの対処法

これまでお伝えしたように「サラリーマンつらいっす」と思っても、結局は仕事を続ける必要があります。

なぜなら「生活」がかかっていますから。
お金持ちで働かなくてもいい人は、無理して好きでもない仕事は最初からしていないはずです。

ここからはサラリーマンがつらいと感じるあなたへ、「前を向くための対処法」をお伝えします。

前を向くための対処法
  • なにがつらいのかを知る
  • スキルアップして副業する
  • 心機一転して転職する

上記です。くわしく解説します。

対処法①なぜつらいのかを知る

まずは自分がなぜつらいのか、「原因を具体的に考えていく必要」があります。これが大事です。

たとえばこれまでの内容から考えると

  • 通勤がつらい
    ⇒時間を変える、住む場所を変える
  • 飲み会がつらい
    ⇒必要最低限しか参加しない
  • 給料が安い
    ⇒交渉する、転職を考える

こんな感じでなにが原因かがわかれば、おのずと「対処法」がわかってきます。紙やノートに書きだしてもいいですし、スマホにサクッとメモしてもいいと思います。

自分が「つらいと感じている原因」をしっかりと洗いだしてみましょ。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

意外と書き出してみると、冷静に自分を見つめなおせる。

具体的な対処法を考えながら、この先をどう進みたいかをしっかりと考えることが大事ですよ。

対処法②スキルアップして副業する

これからの時代は間違いなく「副業」です。大手の会社に入れば定年まで安泰という時代はとっくに終わっています。

「リスクヘッジ」のためにもしっかりとした副業を確立しておくことがとても重要ですね。

現在、大流行している「新型コロナウイルス」のようなことで、突発的に「本業がストップする」ということが将来的にまた起きる可能性だって考えられますから。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

いつなにが起きるかわからないので備えておきましょ。

それに副業があると心に余裕が生まれて、間違いなく「本業もプラス」に向かいます。

今までつらい、しんどいと思っていたことも、嫌いだと思っていた上司も意外とこなしていけるようになりますよ。

サラリーマンはつらいと考える今だからこそ「副業に目覚めるべき」です。

おすすめの副業は?

おもな副業一覧
  • アルバイト
  • ブログ
  • Youtube
  • プログラミング
  • 株式・FX・仮想通貨投資

上記です。
とはいえしっかりと「スキルアップ」しないと、ただ時間を取られるだけでムダになります。

アルバイトは確実ですが体力的にかなりきついですし、株式などの投資は資産を失ってしまう可能性もあります…。

ですから「副業の選択も大事」ですよ。特におすすめは「プログラミング」です。

なぜならいま深刻な「プログラマー・エンジニア不足」になっており、経済産業省調べによると日本でのIT人材は2030年に78.9万人不足すると予測されています。

それだけ年々需要が高まっているおかげで、副業ではなく本業にして「年収1,000万オーバーも可能」です。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

今は小学校でも必修科目になりましたね。

以下の3社は「無料カウンセリング」や「最初から最後まで無料で受講が可能なもの」まで、「無料でアクションを起こせるプログラミングスクール」です。

日本はまだまだプログラミングスクールの値段が安く、今後値上がりする可能性が高いので、今のうちに申し込むのが賢い選択ですよ。

これから始めるなら時代は「プログラミング」で間違いありません。

対処法③心機一転して転職する

サラリーマンがつらければ、「転職して環境をガラッと変えること」もありです。ぶっちゃけ周りの人を変えるのは不可能ですからね。

リトルSSKのアイコン画像リトルSSK

僕もこれまでに3回転職を…。

ただし、しっかりと転職先を見定めていかないと仕事先が変わっただけで、結局つらい思いをしてしまう可能性だってあります。

僕も転職はたくさん失敗しました。

今でこそ「転職エージェント」がありますが、当時は自分で調べたり知人を頼ったりで、入社しても結局自分に合いませんでした。

ヒロSSKのアイコン画像ヒロSSK

すべて大手の転職エージェントで安心です。

入社後の「給料」とか「待遇」って面接の時点で言いづらいんですよね。

ですから同じ失敗を二度三度と繰り返さないように、転職をお考えの方は「転職エージェント」を強くおすすめします。

転職エージェントを使う「メリット」です。

転職エージェントを使うメリット
  • 非公開の求人情報に応募が可能
  • 企業の裏情報や雰囲気がわかる
  • 入社後の日程や給料調整してくれる
  • 自分に合った最適な企業に出会える
  • 転職エージェントを無料で利用できる

もうつらくて限界の方はぜひ「転職エージェント」を利用して、自分に最適な企業を見つけてみてください。

まとめ:サラリーマンがつらいときにはとにかく行動を

これまで「サラリーマンがつらい原因と対処法」ついてお伝えしました。まとめますね。

サラリーマンがつらい原因と対処法
  • サラリーマンである以上つらい
  • つらい原因を考え対処法を見つける
  • 副業をして自分に余裕をつくる
  • 変わらないのであれば転職を視野に

ぶっちゃけサラリーマンで働き続ける以上「つらいことやしんどいこと」ばかりです。

そんなときも我慢して生きていくのではなく、しっかりと行動することでこれから先の未来がガラッと変わっていきますよ。

まずはどんな形でもいいので第一歩を踏み出してみましょ。記事を閉じたら行動あるのみです。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!