「DiDi」の使い方を30回以上使った僕が解説!【クーポンあり】

「DiDi」の使い方を30回以上使った僕が解説!【クーポンあり】

タクシーアプリのDiDiはどんなアプリ?使い方が知りたい。お得に使えるクーポンも教えてほしいな。

ヒロ

こんにちは!
ヒロ(SSK_hirohiro)です。
そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • タクシーアプリDiDiとは?
  • DiDiの使い方【登録編】
  • DiDiを使って感じたメリット
  • DiDiの注意点
  • DiDiを使ってタクシー呼んでみた

今回はタクシーアプリの「DiDi」です。

使い方はもちろん、概要から、メリットや注意点までお伝えするので、DiDiについてわからないことはもうなくなるかなと思います。

DiDiを使ってみたいけどいまいちわからなくて、、という人でも楽に使いこなせるように、画像つきで使い方を解説していきますね。

ヒロ

お得なクーポンもあります!

この記事を参考にして、ぜひ「DiDi」を使いこなしてみてください。

クーポンコードだけ知りたい人は、、

DiDiクーポンコード
A4Q4NBJJ

※1000円分のクーポンが手に入ります。残念ながらエリア限定です、、。

目次

タクシーアプリ「DiDi」はどんなアプリ?

【 DiDi 】は中国発祥のタクシー配車アプリです。

日本法人である「DiDiモビリティJapan株式会社」の株のうち、半分は有名な「ソフトバンク」が出資しています。

最大の特徴は、AIによる配車システムで、1番近いタクシーを呼ぶのではなく、1番早くたどり着けるタクシーを呼んでくれる配車スピードです。

平均の迎車時間は5分ほどと確かに早い。

ヒロ

配車が早いので、いつも助かってます!

本当に早いんだね!そういえば対応エリアはどんな感じなの?

ヒロ

もともとは東京だけだったけど、すごい勢いで増えていますよ!

DiDiの「対応エリア」はこんな感じです。

北海道・東北エリア北海道、宮城
関東エリア東京、埼玉、千葉、神奈川
中部エリア静岡、愛知
関西エリア大阪、京都、兵庫
中国エリア広島
九州エリア福岡、沖縄
※2020年12月現在
ヒロ

まだまだ日本全国とはいかないけど、主要都市や人気の観光地では使えるようになってきていますね!

対応エリアについては順次拡大中なので、くわしくはDiDiの公式サイトで確認してください。

PayPayが使える

DiDiは先ほど書いたとおり、ソフトバンクが出資しています。

そのおかげで電子決済アプリの「PayPay」に対応しているのはタクシー配車アプリの中でもDiDiのみです。※PayPayはソフトバンクグループのサービス

PayPayでのキャンペーンと連携して、DiDiがさらにお得に使えるキャンペーンもあるので、DiDi使うなら登録必須ですね。

下記から3分で登録できます。

クーポンがもらえます

DiDiではコードを入力するだけで、「1,000円分のクーポン」がゲットできます。

まだ継続して使うかわからない、登録するのはちょっとめんどくさいという人でも、とりあえず1,000円分タダで乗れるから超絶おすすめです。

クーポンはいつまでも続かず、廃止される可能性(実際に使えなくなったクーポンあり)があるので、使えるうちに使っちゃいましょう。

DiDiクーポンコード➝A4Q4NBJJ

ポイントプログラムあり

DiDiには「ポイントプログラム」があり、乗車料金でどんどんポイントが貯まっていきます。

どれぐらい貯まるの?

ヒロ

会員ランクがあって、還元率に違いがあります。

会員ランク会員条件ポイント還元
オレンジ会員直近3ヶ月 300円以上利用乗車料金の1%
ゴールド会員直近3ヶ月 5,000円以上利用乗車料金の2%
プラチナ会員直近3ヶ月 20,000円以上利用乗車料金の3%

貯まったポイントは1ポイント1円で使えます。

今までアプリなしでタクシー乗ってたときは、ただ料金を支払って終わりだったので、ぶっちゃけかなり無駄にしていたなと思いましたね。

DiDiの使い方【登録編】

ここからはさっそくDiDiの使い方についてお伝えしていきます。おおまかな流れは下記のとおり。

  1. DiDiアプリの基本設定
  2. 支払い方法の登録
  3. クーポンをゲットする!

それぞれ写真つきで解説していきますね。

DiDiアプリの基本設定

まずはアプリのダウンロードから基本設定まで。

STEP
DiDiアプリをダウンロード

まずはAppleストアやGooglePlayからアプリをインストールします。下記からできますよ。

STEP
位置情報・通知を許可する

ダウンロードが完了したら、アプリを起動します。まずは「今すぐ許可する」をタップして進みましょう。

すると「位置情報と通知の許可」を求められますので、下記のように許可します。

  • 位置情報➝アプリの使用中のみ許可
  • プッシュ通知➝許可

位置情報はアプリを使うときに必須ですが、使わないときは電池が減るだけなので、アプリの使用中のみ許可するのがベスト。

STEP
携帯電話番号・認証コードを入力

続いて、携帯電話番号を登録するとSMSに「6桁の認証コード」が届きますので入力します。

STEP
パスワード・アカウント情報を入力

最後に「パスワードとアカウント情報」です。

まずはパスワードを「8文字~16文字の間」、「英字・数字・記号のうち2つ」を使用して入力します。

ヒロ

パスワードは意外と忘れるので、しっかりとメモしておきましょ。

そのあと、「名前(ひらがな性・名)」と「メールアドレス」を入力していきましょう。

乗車するときに、ドライバーから名前の確認があるので、間違いのないよう登録。

ここは難しいことはなにもありません、ただ間違いがないよう入力するだけ、そしてパスワードを忘れずに控えておくだけです。


ヒロ

アプリの登録はこれでOK!とりあえず使えます!

支払い方法の登録

続いては支払い方法を登録していきます。登録可能なクレジットカードは下記のとおり。

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard
  • AMERICAN EXPRESS

お支払いをクレジットカードかデビッドカード、PayPayに設定すれば、タクシーを降りるときに自動で決済してくれるので、めちゃくちゃ便利です。

こんなことを気にしていませんでしたか?

  • 1万円札しかもってない
  • カードのサインがめんどくさい
  • コロナ禍で接触を減らしたい

すべてDiDiで解決です。

STEP
左上のマークからお支払い方法をタップ

まずはアプリを起動して、左上の三本線のマークから「お支払方法」をタップしてください。

ここからはクレジットカード(デビッドカード)とPayPay、それぞれの登録方法に分かれてお伝えします。

STEP
クレジットカードの場合

+お支払方法を追加」からクレジットカード(デビッドカード)の情報を入力して、「カードを追加」で完了です。

STEP
PayPayの場合

PayPayを連携」からアカウント情報を入力して、「アカウントを連携する」をタップします。

4桁の認証コードが届きますので、「認証する」から「上記に同意して連携する」をタップして完了です。

PayPayの登録がまだの人はこちらから。

クーポンをゲットする!

最後に重要なクーポンをゲットしましょう!

今ならお友達紹介キャンペーンで1,000円分のクーポン(500円×2枚)が、コードを入力するだけの1分間でかんたんに手に入ります。

クーポンからコードを入力するだけです。

DiDiクーポンコード➝A4Q4NBJJ

ひとつ注意点があります。

クーポンは2020年4月よりエリア限定となったために、DiDiが対応していても使えないエリアが出てきてしまいました。しかも関東圏は除外です。

  • 北海道
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 広島
  • 福岡
  • 沖縄

上記のエリアならOKですので、対応エリアの人はしっかりとお得に使いましょう!

ヒロ

これですべての設定は完了です!お疲れさまでした!

DiDiを使ってみて感じたメリット2つ

  1. 乗車までの操作がかんたん
  2. ドライバーとのやりとりが楽

僕が実際にDiDiを使ってみて感じた、メリットを2つお伝えしていきますね。

乗車までの操作がかんたん

DiDiはアプリの操作方法がかんたんで使いやすいです!あまりスマホの操作に慣れていない人でも、文字入力や地図が見られればOKかなと思いますね。

くわしくは後ほど解説しますが、、、操作はこれだけ。

  1. 目的地入力
  2. 乗車地点を地図で指定
    (入力でもOK)
  3. 表示されたタクシーのナンバー・車種・色を見つけて乗るだけ!

あとは目的地まで向かってくれて、到着したら自動で決済で完了です。マジでかんたんです!

ドライバーとのやりとりが楽

もうひとついいなと感じたのは、ドライバーとのやりとりが少なくて楽なところです。

これまではタクシー乗ったら、まずは行き先を伝えて、到着間際になってくると「あっ次の信号右で!」なんて言ったりしますよね。

もちろん、到着すればお金払ったり、おつりや領収書もらったり、、。

DiDiを使えば、このわずらわしい時間がすべて無くなります。

行き先はあらかじめ入力した情報が共有されているし、支払い方法を登録しておけば自動決済でスムーズにタクシーを降りられますからね。

ヒロ

それでもドライバーと雑談しますけど。笑

慣れない土地での乗車では、指示するのも難しいのでよりDiDiが役に立ちますよ。

DiDiを利用する注意点

  1. 使えないエリアがある
  2. キャンセル料が発生する

使えないエリアがある

DiDiはエリアを拡大しているとはいえ、日本全国47都道府県への対応にはまだまだです。

普段住んでいる地域が対応している人はラッキーですが、まったく対応していない県があるのも事実。まだまだこれからに期待かなと思います。

それでも全国の主要都市には対応しているので、出張や旅行のときには強い味方になることは間違いないですね。

キャンセル料が発生する

DiDiも使い方によってはキャンセル料が発生する場合があります。なお、客側に責任がある場合です。

  • 配車注文後、1分を超えてのキャンセル
  • ドライバーが到着した後のキャンセル

つまり、客側のやむを得ない事情により、キャンセルをした場合には料金が発生すると考えておきましょう。

逆に、タクシー側が到着時間を大幅に遅れてしまったり、注文後1分以内であれば、キャンセル料はかかりません。

ヒロ

ちなみにタクシー側が到着予定時間を15分以上超えた場合に、キャンセルしても料金は発生しませんでした。

DiDiを使ってタクシー呼んでみた

ここでは実際にDiDiを使ってタクシーを呼んでみます。手順は想像以上にかんたんですよ。

STEP
目的地を入力

DiDiアプリを起動して、トップ画面の上にある検索バー(どこに行きますか?って書いてある)に行き先を入力します。

住所じゃなく、建物や施設の名前などでもOKです。

STEP
乗車地点を指定する

「一般タクシーを呼ぶ」をタップして乗車地点を指定します。

位置情報で今いる場所に黒いピンがありますので、問題なければ注文するをタップしてタクシーを呼びます。

もしもピンが現在の位置とずれている場合は、手動で変更できます。ちなみに直接入力も可能です。

STEP
タクシーの到着を待つ

空いているタクシーが見つかったら、乗車地点までの距離と目安時間が表示されます。あわせて下記のタクシー情報もです。

  • タクシーのナンバー
  • 車の色
  • 車種

上記と同じタクシーが来たら乗車しましょう。

少しずつタクシーが向かってくる様子が見えるので、とてもわかりやすいです。

ヒロ

あとは到着したタクシーに乗車して目的地に向かうだけ!


ドライバーと連絡できる?

できます。
電話やチャットを使ってドライバーと連絡を取り合うことが可能です。

どうしても乗車地点に遅れそうなときや、乗車地点についたけどタクシーが見当たらないときなど、連絡必須ですからね。

電話番号はドライバーにはわからないようになっていますし、ちゃっとは定型文も用意されているので、安心して使うことができますよ。

クーポンはどうやって使う?

持っているクーポンが自動で使われます。

ですから、使用するときに、特別なことはなにもする必要がありません。

クーポンがたくさんあるからまとめて使おうかな!

ヒロ

残念!基本的に1度の乗車で1つのクーポンしか使えません。

複数のクーポンを持っている場合は、金額の大きいものから使われまして、同額の場合は有効期限の短いものから使われます。

領収書はどうするの?

アプリの乗車履歴から領収書を指定のメールアドレスへ送ることができます。ですから、印刷が必要な場合は、自分でしなければなりません。

DiDiの公式サイトにもアプリ決済では、「ドライバーが領収書を発行しない」としています。

しかし、そんなことは百も承知でドライバーに領収書を発行してくださいとお願いしたところ、普通に領収書をくれました!

ヒロ

やってみたら、意外とできるものです。

とはいえ、タクシー会社によってできない場合もあると思いますので、そんなときはちゃんと自分で発行するようにしましょう。笑

DiDiの使い方:まとめ

タクシーアプリDiDiの素晴らしさは、少しでも伝わりましたでしょうか?

対応エリア内なら、、、いや対応エリアでなくても、タクシー乗るならぜひインストールしてもらいたいアプリのひとつですね。

とりあえずエリア限定クーポンもありますし、まずは体験してみるのもありかなと思います。

きっと1度使えば、普通にタクシーを拾うのがバカらしくなりますよ。今回は以上です。

DiDiクーポンコード
A4Q4NBJJ

あわせて読みたい関連記事

タクシーアプリはクーポンがお得!おすすめの7選を比較【2021年版】

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる